曖昧テクノロジー

某高専の専攻科出身会社員.未熟のエンジニア.業務の内容は生産設備の制御担当.電気図面の確認やラダーの設計、修正がメイン.自分のやりたいことや,自分の環境で再現したことの説明.商品の紹介、プライベートの記事も記載していく予定.DELLアンバサダーの活動も行います.

【失敗】Macbook Pro13 買うタイミング間違えた

完全にMacbook pro13を買うタイミングを間違えた、曖昧テクノロジー管理人のしのです。

 

最近、新型のMacbook Proが発表されたんだが、まさかその前に買ってしまったあほな人間。できる事なら返品したい。

とは言っても、自分の欲求を満たすために買ってしまったのだから仕方ない。諦めて使っていくよ…

 

 

 

1.スペック

今回購入したMacbook pro13のスペックを軽く紹介すると、

CPU intel 8th corei5
RAM 8GB
ROM 256GB

こんな感じ。一番安いモデル。

ちなみに最新モデルは、値段は据え置きにも関わらずCPUはクアッド→オクタコア

まだ、予約販売中みたいなのでAmazonへ急げ!

 

2.Windowsとの平行利用

私はもともとWindowsしか使わない人間なので、はじめMacbookを使ったときには、???って感じになった。普段使用しているのは、XPS13(下記のモデルではない)

 

  1. 開くだけで勝手に電源ON
    これは設定で変更できるの?誰か教えて。個人的には勝手に電源付くのは何か嫌。

  2. 文字が勝手に変換される
    文字を打ってたら突然変換されるのはさすがに気持ち悪い。変更できたからこれは問題なし

  3. 起動時のパスワード入力必須
    Windowsは最初の起動時でも指紋認証可能。なんで文字のパスワードを要求する?

  4. 画面はめっちゃ綺麗

  5. 全体のサイズはXPS13のほうがコンパクト

  6. MacBookのファンの音はすごい
    アップデートをしただけで、ファンがフル回転。ジャンボジェット機のよう…。

  7. USBポートが足りない

 

3.中間報告

プログラミングを本格的にするために、今回はMacbookProを購入。でも、使い方は難しいので慣れるまでには時間がかかりそう…。おすすめの設定、アプリなどあればコメントください。

 

結婚式って初参戦は準備が忙しい…【男性向け(参加側)】

ー読み飛ばしてok箇所ー

最近、記事の更新が遅くなっている管理人のしのです。

仕事で改造工事とかあるとどうしても帰宅が遅くなって、やりたいことが何一つできない…。これは良くない流れ、みなさんはそうなってない??

勘違いしてはいけないのは、仕事は大事なことだし真面目にやることも重要!でも、プライベートを疎かにするものじゃない。とか言って、何もできてないけど。

一週間に1回泣くと、ストレス発散できるらしいので、是非鬼滅の刃の映画(無限列車編)を観てくれ。泣けるぞ。

ー終了ー

 

 

前置きが長くなったが、今回は身内の結婚式に参加することになったので、その準備に用意したものを紹介する。まだ礼服は準備できてないけど、準備できたら紹介しようかなと。

 

 

 

1.祝儀袋

祝儀袋は当然ながら、結婚式用のものや葬式など様々な用途のものがある。祝い事などでくれぐれも白黒のものは買わないようにしていただきたい。今回はちょっといいやつを買っているが、3万円ならもう少し見た目が派手でないものでも構わない。

金額だが、関係性などで変わってくるようだ。

友人:3万円

身内:3万~5万円

他にも、色々なケースがあると思うが自分が結婚する人の上司である場合などはその立場にあった金額を選定しなければならない(日本の文化?)

ちなみに書き方などは中に説明が書いてあるので、初めての人でも安心して使うことが可能。

f:id:ShinTan:20201108171808j:plain

今回購入した祝儀袋

 

 

2.袱紗(ふくさ)

袱紗は慶事用、弔事用によって色が分かれている。

 

慶事・・・、赤などの暖色系

弔事・・・、緑などの寒色系

 

結論から申し上げると、強いこだわりがなければ最初は紫でも構わないということ。薄紫だと慶事用になってしまうので、注意が必要。Amazonで慶弔両用って記載のあるものを購入すればまずは問題なし。

 

会場での開き方右開き、渡すときは袱紗を下敷きにし180°回して相手にお渡ししましょう。

今回購入した袱紗は、祝儀袋が入ることを確認しているので安心してもいいかと…。他のサイズのは入るかわからないけど。あと、この商品は箱がちゃんとついているので管理しやすいのはおすすめポイント。

f:id:ShinTan:20201108174220j:plain

袱紗 男女兼用

 

3.ネクタイ、チーフ

結婚式と言えば、ネクタイとチーフは欠かせない。色については一般的には銀色。ただ、色さえ合っていればいいというわけではなく、新郎より目立つような感じのものはNG。若い人なら断然ストライプタイプのものをオススメ。要するにフレッシャーズってやつやな。管理人もだいぶ若いから仕方ない。

f:id:ShinTan:20201108175725j:plain

ネクタイ チーフ

 

4.さいごに

結婚式は主催側もかなりの苦労をしていることを理解した上で参加するように心がけたらいいと思う。特に今の状況下でやるのはそれなりの覚悟が必要かと…。そこには全員の協力が必ず必要となるので、もし参加する際には配慮するといいと思う。

主催する側も来ていただく側にもそれなりの負担がかかっていることを決して忘れないように、謙虚な気持ちで行えるといいかと思う。

みんなが幸せになれる世界を願う。

ALIENWARE14 SSDに交換してみた!

学生時代に購入したALIENWARE14は現在のゲーミングPCにはよっぽど劣る。

スペックは

  • CPU・・・・・・Intel Corei7 4700MQ
  • GPU・・・・・・Geforce GTX765M
  • ROM・・・・・・750GB(HDD)+80GB(SSD)
  • RAM・・・・・・16GB(8GB×2)

みたいな感じ。最近のゲームしようと思うとちょっと厳しい。

気合でどうにかグラフィックボードを変えてみようとか考えてみても、壊れかけのパソコンにそこまでするのもちょっともったいない。(そもそも最近ゲームしてない)

 

そこで!

今回はタイトルの通りHDDで動作が遅いパソコンをせめてSSDにして改善してみようと思う。(この記事に需要があるのかは不明)

 

 

 

今回交換するために必要な機材

 

f:id:ShinTan:20201003221913j:plain

SSD交換に必要な機材

 左・・・・・・SSD SATA 512GB(2.5インチ)

右・・・・・・・玄人志向 HDDケース

 

大体、2つ合わせて7500円くらい(普通のPCショップ価格) 

Amazonで似たようなやつをリンクで貼っておくが、もちろんAmazonで用意したほうがはるかに安い。(もっと安いのはあるが、今回紹介するのは過去に使ったことのあるやつ)

ちなみに、HDDケースは持っていれば購入する必要はないので注意。

 

交換する前の準備

  1. HDDケースにSSDを入れる
  2. SSDのフォーマット
    フォーマットは対象のSSDを選択して、右クリック→フォーマットを選択。
    この際ファイルシステムNTFS(既定)にして行う。
  3.  EaseUS Todo Backup(公式サイト)をダウンロードし、インストールする(フリーソフトですが、自己責任でお願いします)
  4. ソフトを起動し、クローンの作成を行う(SSDに最適化を選択する)
  5. 1時間ほどでクローン作成が完了するため、パソコンをシャットダウンしておく

 

現在のHDDをSDDに交換する(物理)

これから分解作業を開始。精密ドライバーがの+があればどうにかなる。

  1. ALIENWARE14の裏ブタを外す

    f:id:ShinTan:20201003221843p:plain

    ALIENWARE14 裏ブタ取外後


  2. 上記の写真の赤丸のネジを外して、DVDドライブを外す
    断線しないように注意すること

    f:id:ShinTan:20201003233622p:plain

    DVDドライブ取外後


  3. 赤丸のネジを外して、HDDの固定を外す
    HDDの配線も切れやすいので注意
    ブラケットは側面に4か所ねじ止めされているので、外して新しいSSDに取り付けなおしましょう

    f:id:ShinTan:20201003235410j:plain

    HDDとブラケット
  4. 配線をし直して元の状態に戻せば完了
    配線をし直すときは向きに注意。どう頑張っても間違わないとは思うけど…。

 

再度起動して動作確認

最後に電源を入れなおして元の状態に戻っていたら作業完了。

何事もなく起動したら成功。スクショを全く取り忘れているのすみません。

作業前には必ずバックアップを取っておくことを推奨します。基本的には苦労することはないかと思います。ぜひ古いパソコンを大事に使ってください!

【コスパ最強】ソニーのワイヤレスイヤホンWF-XB700!音質も使い勝手も悪くない

今回はソニーが今年6月?に発売したワイヤレスイヤホンを紹介します。

 

まだ使用に日数は浅いので大したことを言えるかどうかは微妙ですが、感じたことを記載していきます。

 

【おすすめ度】★★★★☆

【要約】今なら1万円を切る値段で買う方法あり!最長9時間のバッテリー!

ハンズフリー対応でマイク付きで使い勝手がいい。防水にも対応しているため、ランニングをする人にもおすすめ!

 

 

主な機能

※詳細についてはソニー公式サイトを参照

 

価格

ソニーストアで購入すると15,00+税なのでちょっと高めに感じるかな?

ちなみに私はAmazonで購入したので、もう少し安くで購入した。

 

さらに9/14日までなら、25以下に限り音学割というキャンペーンで2000円引きになるのでお得!

応募期間は28日までなので、14日までに購入しても間に合うはず。

www.sony.jp

 

外観

f:id:ShinTan:20200906161049j:plain

外箱

外箱はソニーらしさあふれる感じで個人的には好き。色々なソニーのイヤホンを買ってきたけど、大体同じようなデザイン。

 

f:id:ShinTan:20200906161319p:plain

内箱

内箱はソニーの最上位モデルとは異なるチープな感じ。段ボールに黒の塗装を施したシンプルなデザイン。コスパ重視のモデルなら当然かね。

 

f:id:ShinTan:20200906161526j:plain

WF-1000XM3との外観の比較①

素材で比較すればはっきりするけど、プラスチック感がXB700は強い。高級感に薄れるのはちょっと残念な部分だが、安いからいいかな。

 

f:id:ShinTan:20200906161844j:plain

WF-1000XM3との外観の比較②

よくよく見るとソニーのロゴはちゃんと入ってる。金額的には倍違うからこれぐらいの質の差になっても仕方ない。

 

内容物

f:id:ShinTan:20200906162050j:plain

内容物一覧
  • 本体
  • イヤピース(様々なサイズあり)
  • タイプCtoAケーブル(充電用)
  • 説明書等

ここで注意してほしいのは、手入れをしない場合による故障は無償保証の対象外になるところ。手入れはしっかりしようね…。

 

WF-100XM3との比較

普段愛用しているWF-1000XM3はハイエンドモデルに近いため、ノイズキャンセリングなどソニーの音楽技術の詰め合わせ状態。その分値段も張る。初めてワイヤレスイヤホンを購入する人、音楽に詳しくない人にはなかなか手が出しにくい商品なのは間違いないだろう。

それに比べてXB700は価格が抑えられているため、初めてのワイヤレスイヤホンにはもってこいだろう。また、ソニーの重低音やクリアな音ははっきり聴くことができるだろう。

正直のところ、ハイレゾなし、ノイズキャンセリングなしということだが、そこまで気にする人は恐らくオーディオに詳しい人。こだわりを持っている人だと思う。

そこまではこだわりがない人がいきなり中華製に手を出すほうがよっぽどはずれを引きやすいだろうし、このイヤホンのほうがいいのではないかと思う。(それでも中華製に手を出すことをやめられない)

 

良かった点

  • 安価
  • 連続使用時間9時間
  • ハンズフリー
  • しっかりとした音質
  • 恐らく軽量

やはり、一番の購入きっかけは値段と連続使用時間の長さ。もともとイヤホンを探していた理由は通話するためだったので、長時間使えるということは最低条件。また、外で使うことはあまり想定していないので、チャージケースの最長使用時間についてはあまり気にしていない。

地味に嬉しいのが、WF-1000XM3と比較して軽量であること。重いだけで耳に対する負担はかなり大きい。また、ごろ寝しながら使うことに適している。

 

悪かった点

  • 恐らくイコライザを調整できない
  • 起動したときの音声がなぜか日本語が標準(ちょっとダサい)
  • イヤホンを外しても音楽止まらない
  • プラスチック面の接触が多く、耳が痛い
  • 接続にNFCが使えない

 

まだ、調べ切れていないだけなのかわからないが専用のアプリが無い気がする。そのため、イコライザの調整は出来ないのかな?

イヤホンをケースから出して電源を付けたときになぜか日本語なのが、正直いまいちに感じてしまったが、たぶんどうでもいい。

イヤホンをスマホと接続するときに、NFCが使えないのはちょっとめんどくさかった。普段からBluetoothでしか設定をしない人にはあまりわからないだろうが、NFCは本当にかざすだけだからめっちゃ楽。ソニー製品使ってるんだから付けてほしかった。

 

通話しているときによく動画見るのだが、Bluetoothのイヤホンで動画を見ると動画の音声が一部欠けてしまう現象が発生している。これはlineの影響なのかYouTubeとかの影響なのか原因はわかっていない。優先のイヤホンでは発生しないので、引き続き調査をしていくがだいぶ気になる。

私みたいな使い方をする人にはそもそも無線をお勧めすることは難しいかもしれないが、気を付けてほしい。

 

総評

現在もブログを書きながら音楽を聴いているが、さすがはソニー。細かい部分の声、重低音をしっかり拾うことができていて素晴らしい。

値段を考えると申し分ないし、今なら値引きも行っている。ソニーを試したことがない人にぜひ一度試してほしい一品である。

 

コメント等ご自由に記入してください!お待ちしています!

場所を選ばずどこでもオフィスに!MSI Optix MAG161V モバイルモニター

 

なぜモバイルモニタが必要だったのか

職業柄、現場作業が多いのだが

現場作業でもっとも困るがモニター数が少ないことだ。

 

どういうことに複数画面を使うのかって?

例えば、電気図面を見ながらラダーを作成したり

GOTの表示画面を見ながらラダーを追いかけたり…。

 

ノートパソコン一台だといちいちタブを切り替えて、ここのレジスタは何番だから…。とか、ここのセンサのI/Oはとか…。

 

これって非常に効率悪くね?って思うわけだが、案外現場にはコンセントの穴って限られている。

 

なので今回は以下の条件で探した

  1. 13インチ以上はあること
  2. 持ち運びしやすいサイズであること
  3. バスパワーにて接続できること(コンセント不要)
  4. 当然自立してほしい
  5. 予算は2万前後

 

選んだ商品

MSI Optix MAG161V モバイルモニター

www.amazon.co.jp

購入したのmsiのモバイルモニター。

msiと言えばゲーミングデバイスの印象しかなかったため非常に驚いている。

 

パッケージは何か見たことあるようなタブレットの写真みたいで、

あぁ、msiもやっぱり中国なのかそれともこの写真が相当はやっているのかどっちなんだろうなぁって気分。

 

f:id:ShinTan:20200719172144p:plain

パッケージ

 

f:id:ShinTan:20200719172317j:plain

開封時の状態

地味に触り心地の気持ちいいケースがついてくるのは嬉しいw

 

ちなみにサイズだが、

355mm×215mm×11.4mm

厚みに関して一番厚い所で11.4mm、薄い部分だと5.1mmほどであった。

 

f:id:ShinTan:20200719172902j:plain

背面

持ち運びに関してはあんまり便利ではないかなといった感じ。ちょっと大きいかなぁ…。

 

画面のきれいさだが、個人的にはXPS13と並べてもそんなに違和感は感じないかなといった感じ。

 

当然ながらゲームをするわけではなく、帰省するときや現場で使うために購入したため、そんなに応答性能とかは気にしていない。

もし、ゲームをするならそもそもモバイルモニターという選択肢はあり得ない。ちゃんとゲーム用のを探す。

 

現在は自宅で使用しているが、ブログを書きながらyoutube開いたり、

ネットを見ながらプログラムを作成したりやっぱり

ノートパソコンだけじゃ表示できる量も限られているので、非常に助かっている。

 

f:id:ShinTan:20200719173000j:plain

作業の様子

面白いのが、Androidスマホを充電しながらモニターに表示できるのは非常にありがたい。

内蔵スピーカーに関しては内蔵だから仕方ないかなって感じの音質。本当はなくてもよかったんだけど、付いてるから仕方ない。

 

ケースはマグネット付きのケースである程度の限りはあるがスタンドになるのもありがたい。ただ、どの程度の期間使えるかは正直未知数。

あんまり長持ちすることは期待できなかな。

 

値段は23,945円で購入できたので、そんなに高くなく満足。

 

長期間使用してみないとまだわからないけど、現状は不満を感じていない。

何か面白いことを発見出来たら追加で紹介しようと思う。

 

以前からこのようなモニターを探していた人は買ってみるのはありかと。

 

 

 

 

 

Xperia 1 Ⅱ 専用ソフトが消えたのはいつだ!?個人的には前のほうが好きだったかも…

Xperia1 Ⅱの記事を先日出させていただいたが、なぜだか引っかかる点が多かった…。

 

なぜだ、何かが普段のXperiaと違う…。

って感じた部分について書いていこう。

 

 

 

文字の入力に不自由を感じる…(ずっとXperiaユーザしか感じない悩みかも)

スマホにしろパソコンにしろ、快適に作業をするためにはIMEが重要になってくる。IMEとは簡単に言えば文字を入力するためのソフトである。

iPhoneユーザだったらSimejiが多いんじゃないだろうか?もちろんAndroidユーザでもSimejiを使用する人は少なくはない。

 

別に文字打つくらいなんだって変わらないでしょ?

パソコン、スマホに興味のない人ならそんな感じに思うかもしれないが、実際はそんなことはない。

IME次第でスマホがストレスの塊になることだってある…。

Xperiaと言えば、POBox Plusが専用のIMEとしてプラグインインストールされているのが当然だった…。

今思い出すとXperia10の時から入っていなかったような気がする…?

Androidユーザは是非一度自分が使っているIMEを調べてみてほしい

【設定】→【システム】→【言語と入力】→【画面上のキーボード】

から確認できる。

 

結論から言うと、Xperia1 Ⅱにはこれがインストールされていない。個人的には非常にがっかりしたポイントである。

ちなみに、個人で勝手にインストールする方法が調べるが出てくるみたいだが、必ず自己責任で行ってほしい。調べたらヒットしたがリンクは貼らないでおく。

 

f:id:ShinTan:20200712150354p:plain

Xperia XZPremium キーボード入力

 

 

 

Xperiaの楽しみって素晴らしいソニーさんの音楽だったのでは!?

これは非常にショックだった。ソニーと言えばなんといっても長年培ってきた音楽技術。音響にこだわったXperiaはほかのスマホではなかなか味わえないミュージックアプリのイコライザー設定にある。

しかし、実際はこうだった。

f:id:ShinTan:20200712152106p:plain

音響設定画面 左:Xperia 1 Ⅱ 右:XZPremium

右が従来のXperiaだが、左にはDolbyと書いてあるではないか!

!!!??

確かに音響としては様々なパソコンなどに標準でインストールしてあったり、かなり有名なメーカであることは間違いないし、決して悪いこともない。

でも、これってXperiaとしてどうなの?これってその気になれば他のスマホでもどうにかなっちゃうやつだよね?

 

とは言ってもきっといい音を出せるように設定できるはずだと信じ、イコライザー画面を表示。

 

f:id:ShinTan:20200712152707p:plain

イコライザー設定画面 左:XZPremium 右:1Ⅱ

うーん………。

・・・。

 

確かに音はクリアになって、綺麗な感じになった。これはこれで好きな人はきっと好きなんだろうなって感じた。

そもそもだが、このイコライザー画面でどこの周波数を調整しているのかそもそもわからなくないか?

もしかして、どこかに取説でも落ちているのか?だとしてもこのUIが許されるならもうなんだってありじゃないか。

 

音楽については個人の趣味等絡んでくるので、一概にダメとは当然言えないがCLEARBASS設定が消えたことにより、重低音が全く効かなくなった。

正直、古いXperiaウォークマンにして持ち歩こうか悩んでるくらい個人的には深刻…。

(流石にこれを消すのはまずかったのでは…。)

 

 

行ったり来たりするXperia

長いことXperiaを使用してきて社内できっとデータをもとに改善に取り組まれているソニーさんだが、Xperiaは正直新規の人が買っているイメージを持っていない。

そうした中で、昔からのユーザが求めている進化とは若干違う方向に行っているような気がしてならない。

アルバムアプリを消されてしまったのも地味に痛い

そして、決して価格競争には応じない姿勢はブランドを守るという意味で非常に好感を持てるところだ。

しかし、結局のところ私の意見も一人のユーザの意見にすぎないから何とも言えないが、是非Xperiaユーザの意見をどこかで取り入れて少し戻してほしい気持ちもある。

 

散々なことを書いているような気がするが、今作で一番嬉しかったのが

Xperia Zの色と同じようなカラーバリエーションを出してくれたこと。

もともと、Xpera Zからずっと使い続けてきたが白色に戻せたことに非常に喜びを感じる。正直これ以上綺麗な白のスマホある?って感じ…w

 

まだまだ、使っていたらいいとこ悪いとこ見えてくると思うが何か面白いことがあれば記事にしたいと思う。

 

 

Xperia 1 Ⅱ と Xperia XZ Premium 触ってみると変化大きすぎる…



久しぶりのガジェット投稿になるけど、そもそも何も投稿しなくなってからもうじき2ヵ月くらいになるんかな?

 

そんなこんなで先日6/18に発売になったXperia 1 Ⅱの実際に使用した感じについて

レビューしていこうと思う。

 

f:id:ShinTan:20200705202546j:plain

Xperia1 Ⅱ外箱

f:id:ShinTan:20200705203736j:plain

右から Xperia10,Xperia1 Ⅱ,XperiXZPremium

 

Xperia XZPremiumと1 Ⅱの概要

 それぞのスペック等を以下に示す。

  Xperia XZPremium Xperia1 Ⅱ
CPU Qualcomm Snapdragon 835 Qualcomm®Snapdragon865 5G Mobile Platform
RAM 4GB 8GB
ROM 64GB 128GB
画面サイズ 約5.5インチ(液晶) 約6.5インチ(有機EL)
メインカメラ Motion Eye™カメラシステム 有効画素数約1920万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
16㎜(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
70㎜(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.4
24㎜(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.7
3D iToFセンサー
リアカメラ 有効画素数約1320万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
有効画素数約800万画素/F値2.0

 Xperia XZpremium, Xperia 1 Ⅱ

 

スペックの詳細はほかにも色々記載されているのでそれぞれのリンクから見てください。

 

ここで重要なのは、メインカメラが1つから3つに変わったことと、RAMとROMが大きく変更したこと。

ここまで進化するとさすがにブラウザのかくつきなど気になるはずがない。

というか、ここまでのスペックを使い切るためには相当なことをしないとさすがに厳しい。電車でニュース見たり、連絡を取る程度だとでも機能しては持て余すくらいのスペックだ。

 

カメラのお話は後程するとしましょうか。

 

 

 

画面が液晶から有機EL

 XperiaXZPremiumは液晶の4Kでしたが、Xperia1以降有機ELを使用しており、今回のXperiaを採用しています。映像が綺麗になったことは目で見てわかるのではないでしょうか。

ただし、一点気になる問題があるのですが…。

炎天下で画面を見ようとしたときに、うん??ちょっと暗いような…。

(ちょっと炎天下での写真を用意しておくべきでしたね…)

外で、携帯を見ようと思ったときにあまりもの暗すぎちょっと不便に感じました。

屋内で使用することが多いなら問題は感じないでしょうが、屋外で使用する可能性がある方はちょっと注意が必要ですね。

 

バッテリーの持ちが非常に悪い

これは全く想定していない事態でした。液晶じゃなくなった時点で本当は気づいておくべきだったのでしょうけども…。

しかも、薄さを追求した端末だからなおさらその可能性を考慮しておくべきでした。感覚的にはXperia Z5のような気分です。(爆熱CPU Snapdragon 820)

厳密に何か同じ動作をさせて比較しておくべきでしたが、CODモバイルをやりながら充電してても充電は溜まらないから大体お察しはつくと思うし、通勤時にBluetoothで音楽を1時間くらい聞いてるだけ5%くらい減るからね…。

そもそも、2年以上使ったXperia XZPremiumと比較してこう感じてるからはっきり言って誰が使ってもバッテリー持ちがいまいちだなって感じると思うよ(多分)

とりあえず、ハードな使い方をしなくても一日一回は充電しないと不安になるかな…。ちなみにiPhone 11 proは2日に1回でも十分くらい持つからそういった面ではAppleさんには頭が上がらない。

 

カメラ性能

 カメラ機能で一番気になってた瞳AF、この機能は人の瞳にフォーカスを合わせる機能。人物の写真を撮るときに非常に役に立つ。今は猫がいないからできないけど動物の瞳でもいけるとかいけないとか…。

 

たまたまスタバで飲み物を買ったから撮影したら面白いものが取れました!

まさかのスタバの女神さま?に瞳AFが働いたという事実!

これはどういうアルゴリズムでやってるのか、気になってしまうところ…。教えてSONYさん…。

 

f:id:ShinTan:20200705204647p:plain

瞳AFの機能

 

 

総評

結論としては、この商品は買っても買わなくてもどちらでも正解な商品です。SONYのハイエンドシリーズは大体同時期に2種類くらいに分けて登場することが多いので、今回のはハイエンドといえばハイエンドだけど、もう少ししたらもう少し性能が高い商品が出るのではないかなって、勝手に予想してます。

必ず勝って後悔しないよと言いづらい所は、バッテリーの持ち具合がどうしても気になってしまう。電車の中でゲームとか動画見ようとかしてるといざというときにバッテリー切れとかになってしまいそうで怖い。

あと、せっかくの5Gですがエリアに入っていないため未だに快適なのかわかりません。とりあえず、4Gで満足に通信できるしドコモのギガホは無制限なので今はUSBテザリングでやりたい放題やってますw

 

そろそろ、県外移動も可能になってきたのでどこか遠出してiPhone 11 Proと比較した写真とかレビュー出来たらなぁなんて考えてます!

以上です!最後まで読んでくださったかたありがとうございました。