曖昧テクノロジー

某高専の専攻科出身会社員.未熟のエンジニア.業務の内容は生産設備の制御担当.電気図面の確認やラダーの設計、修正がメイン.自分のやりたいことや,自分の環境で再現したことの説明.商品の紹介、プライベートの記事も記載していく予定.DELLアンバサダーの活動も行います.

【お知らせ】Xperia 1 Ⅱのいいとこ悪いとこ!近日公開!

どうも、曖昧テクノロジーのしのです!

引っ越し等様々な事情によりだいぶ間が開いてしまいました。

現在、市役所の待ち時間にスマホから打ってるようなそんな状況です…。



さて、本題ですが
Xperia 1 Ⅱ ドコモオンラインショップにて予約購入しました!
普段からXperiaばっかり使っているSONYオタクですが、
今回のはスペックはいいのに、それないのー??
って言う様な部分があるので、それを記事にしていぃたいと思います!

今は手元にパソコンがないので、出来ませんが
あとで作成していきたいと思います!

ちなみにベンチマーク等はネットいくらでも出てくると
思いますが、
もっとユーザー目線、マニアックでない方目線で記事にしていきたいと思っています!


機会があれば覗いてください…!

DELL WM615 スクロールできるようになりました…。

WM615が突然ですがスクロールできるようになりました。

 

DELLのサイトにはコミュニティが存在しています!

 

そこには、「電池を交換することで直った」と記載してありました。

 

試しに試してみると…

本当に使えるようになりました。

 

今はパナソニックのエボルタを使用しています。

でも、どうしてだ…?

 

電圧のせい??

でも、それ以外のクリックとかはできている…

 

もし、それが電圧と関係しているならスクロールの部分だけどんだけ

使うんだよって話になりますけどね…

 

もう少し、様子を見たいと思います…。

 

DELL WM615 ビジネスの現場でも大活躍しそうなコンパクトマウス

ゲーミングマウスを持っている筆者ですが、

  • 大きい
  • 有線
  • 普通のUSB

なかなか使える環境が決まってしまう…。今使用しているパソコン(XPS13 9370)は

すべてType-Cしかついていないので、ゲーミングマウスではちょっと不便…。

 

せっかくのモバイルノートなのに、マウスだけは持ち運べないと…。

 

それは不便だと考え、相変わらずのDELL信者はDELLからマウスを探すことにした。

 

そこで出会ったのがWM615!!

www.dell.com

 

商品の中身は単4電池2本、本体、取扱説明書でした。

 

なんといっても、折りたたんだ時のこの薄さが素晴らしい!!

それに、Bluetooth4.0が内蔵されているので、USBを使う必要がない!

また、クリック音も静音とまではいかないが、あまり気にならない感じ。昔ながらのカチカチって程ではない。

DELLのマークが使うときには下にあるので、見えないところもビジネス感があり

とってもおしゃれ!

 

f:id:ShinTan:20200420222429j:plain

 

使いやすさ

操作性

  • 普段ゲーミングマウスに慣れているせいか、細かい作業をするのは不向きな感じ。ネットサーフィンなど精密な作業でなければ問題なし。
  • マウスホイールがないのも個人差はあるが使いづらいと感じるかも。
  • 左右対称の形なのでどちらの手でも使用可能

疲労

  • サイズがなんとも言えないサイズ感、小指をどこに置いたらいいかわからないため、少々疲れる
  • 手首は机と平行に保てるため、あまり負荷は感じない

携帯性

  • 最高!折りたたんで胸ポケットやカバンの内ポケットに入れるレベル

 

気に入っている点

  • デザイン XPS13にもマッチしている感じがとても素晴らしい!
  • 持ち運びしやすいサイズ!
  • 電池のふたがマグネットになっている!ツメじゃないから扱いやすい!
    ふたの銀色のがマグネット、ねじにくっつく仕組み

f:id:ShinTan:20200420224934j:plain

WM615 背面

 

注意してほしい点

  • 繊細な作業、画像の編集などには不向き
  • 充電式ではないから電池がなくなったら予備が必要
  • DELL以外のパソコンではたまに相性悪いものが存在するかも…

 

今回は、DELLのWM615を紹介しました。

使ってみた感想について記載していますので、実際のサイズなどはサイトをご覧ください。メーカーのサイトでは6000円(税抜)で販売していますが、

Amazonでは、5000円ほどで買えるのでよろしければ買ってみてください!

個人的には悪い商品だと感じませんでした!むしろ、お気に入りになりそうです!

 

では、またお会いしましょう!

 

 

追記

現在スクロールができなくなりました(´;ω;`)

原因を追究していますので、解決したら記事にしたいと思います。

 

 

PLCってなに??そんなに便利なの?

皆様はPLCを使ったことがあるでしょうか??

 

今更な感じな話ですが、多くの方が知っているかと思います。

 

PLCとは、プログラマブルロジックコントローラ(programmable logic controller)の略で

シーケンサとも呼ばれたりします。

日常生活ではあまり見ることがないと思いますが、企業を生産を支える重要な装置です。

 

今回はPLCについてざっくり説明していきます。

 

 

 

PLCは何ができるの??

PLCは、主に量産機械など生産設備に用いられることが多い装置です。

入出力装置を持ち、センサを取り付けたりシリンダーやサーボモータ色々な

装置を制御することができます。

実際のPLCは下のような感じ(MELSECQシリーズ)

入力のところにセンサやスイッチなどを端子台などを経由して配線をします。

出力も同様です。

 

f:id:ShinTan:20200418122541j:plain

三菱PLC

 

 

 

どこのメーカーが出しているの??

主なメーカは

がよく用いられているのではないでしょうか。当然、企業や学校にもよりけりでしょうけども……。

ちなみにPanasonicにもあったような気がします。調べてみてください。

 

 

制御方法

制御には、それぞれメーカーが用意している専用ソフトを使ってCPU内にソフトを書き込んで使用します。

三菱なら、GXWorks2,3

KEYENCEなら、KV STUDIO

など、メーカーによって異なるので実際に使用するPLCが決まってから必要なソフトをインストールしましょう。

 

制御の方法としてもっと有名な言語は、ラダー言語(ラダー図)です。

シーケンス図に結構似ています。左が電位が高いほう右が0Vを表しています。

入力を繋いでいって最後は出力へとつながっていきます。

 

f:id:ShinTan:20200418125106p:plain

ラダー図



ここで、軽く説明ですがSW(スイッチ)には2つの接点があります。

 

SW1はNO(ノーマリーオープン)と呼ばれ、スイッチを押したときに導通する接点です。A接点とも呼ばれています。

 

SW2はNC(ノーマリークローズ)、先ほどとは逆に押したときに導通が切れる接点です。B接点とも呼ばれています。

NCは、主に設備の停止スイッチや、非常停止スイッチに用いられます。

 

自分が学んだ話ですが、

停止スイッチが故障したときにA接点だったらどうでしょう?

設備を動かしたら二度と止まらなくなる可能性が発生してしまいます。

これはファイルセーフに基づく考え方です。

もし、スイッチが壊れていたら設備が動かないようにする、といった安全への配慮です。

 

学生の方がもし見てくださっていたら、是非覚えていただきたいです。

 

まとめ

今回はPLCのさわりの部分について記載しましたが、

もっと詳細に記事にされている方は多いと思います。ですが、私が記事にしたい内容は現場から得たことなどです。

 

特に重要なのが、安全に対する配慮です。

私もそうですが、学生時代は動作すればオッケーみたいな考え方でした。

そこは学校ではなかなか学びづらいところかなと思っています。

 

この記事で何を学んでいただきたいかというと、安全についてです。

制御はソフト次第では危険にすることも可能になってしまう、それだと危ないので

ハードウェアから制御が介入できないようにしてあげる必要があるのです。

 

今後はラダーについての記事を記載していきますが、実際にあった

現場のミスなども紹介できたらなと思います。

 

3社のリンクがついている思いますので、是非カタログ等見てください。見てるだけでも案外楽しいかもしれませんよ?

 

それでは、またお会いしましょう!

このブログについて ~ご挨拶~

  • 1.はじめまして
  • 2.記事の内容について
  •  3.まとめ

 

1.はじめまして


 本日からブログを始めました、曖昧テクノロジー管理人のしのと申します。

 

 現在世界中では、コロナウイルスの影響で大変なことになっておりますが

今こそ皆様で頑張るときだと思っています!

皆様、体調に気を付けて頑張って戦いましょう。

 


 ブログを始めようと思ったきっかけは、
 様々な人と交流を深めて、知識を共有したいと考えたからです!

 とは、言ってもどうしたらよいものか……(´・ω・`)
 その結果がブログを始めるきっかけとなりました。
 ブログの名前がなぜ"曖昧テクノロジー"なのかと申しますと、

続きを読む